作戦終了、その後...。

今回は、色々な意味でプランクトンズにとって収穫の多いゲーム会となったと思う。

まず新メンバーの加入で攻撃力が増強されたと事。
F.F.O本ユキの証言によると、彼等の2トップの後方でバックアップをしていた、
ハッシュパピー・G嶋とジャンボ・J保が的確な牽制射撃を行ない、戦果を挙げていたとの事。二人とも体がデカイが、元々サバゲーマーなので動きに無駄が無い!今後はミドルを任せられる人材として、活躍を期待したい!
それともう一人、ダオフゥー・F田も、ヘビー級だが俊敏な動きと大胆さで、トップやバックアップが出来るオールラウンダーである。階段の攻防戦では私のヒット後を引き継いで攻略の指揮を取ってもらったりもした。
この様に、比較的昔からゲームをやっている人間が増えた事により、増強されたプランクトンズ。古参の皆さんも益々の努力をしてもらい早く「オキアミ」か「ミジンコ」程度にランクアップしたいものである!(承認には、元社員I井T夫氏にお願いするが...

今回、ディフェンスを担当していて思ったが、2マンセルによる的確な攻撃は、より少ない戦力を増大させる事になっていたと思う。守る方向が2方向の場合は、1度に2方向を守る事はかなり少なく、1方向を集中して連携射撃すれば、2倍の火力となり、敵に対して防衛力がアップし結果防衛ラインを突破される事はなかった。
キム・ぺ・M田との連携の例を見ると、敵に対して1人が射撃し、カバーはマグチェンジの時に牽制射撃を始める。カバーがエンプティになれば、もう一人が撃ち始めて、その隙にマグチェンジをすればよい。
一番基本的だが、結構やってない場合が多いので、今後、改めて基本の2マンセル訓練か、2VS2の模擬戦を改めてやってみたいと思う。(4マンセルも同じ事です。

それと出来れば、各自・無線機を自前で装備する事!
ディフェンスをやっていると最前線の状況が全く分らず、佐野フィールドみたいに、味方撃ちが起こる可能性の高い所では、周りの状況や敵の位置把握などが出来なくては、ディフェンスを増援に送りたくても送れない。無線情報として最前線の位置、それに伴う別方向からの襲撃計画なども出来ないのが実情である。
基本は声による伝達が望ましいが、自軍優勢の時以外は中々できないものである。(見通しが利く所ばかりじゃないので...
会社の備品を使っていると限界があるので、ここいらで主要メンバーは出費を覚悟して頂きたい!絶対その方が面白いゲームができると思いますので。

とま〜色々課題はありますが、着実に一個の部隊として機能しているので、ゲリラ戦も出来て、正規軍のように的確に動けるチームを目指して頑張りましょう〜♪

隊長もスナイパーとしてのウデも磨きますので...(ギリスーツほしいな〜/モノに頼るな!
a0044046_031086.jpg

写真提供:G.G.(グリーンジャイアント)のG1ことS藤お兄さんでした!有難うございます!
[PR]

  by mason4422 | 2005-12-07 00:31 | 活動内容 | Comments(2)

Commented by hana at 2005-12-07 11:11 x
ほほ~ぅ、やっぱり無線は必要ですか・・・。我がチームではなぜか、「チームウェアを作ろう!」なんておバカな構想が持ち上がっております。少人数でも、きっちり役割分担ができていて、おのおのが自分の役割をがっちりこなせられれば、もうちょっとうちも強くなれるかなぁ~と思っております。いずれにせよ、皆、精進努力ですなぁ~。
Commented by mason4422 at 2005-12-08 01:11
>hanaさん:良いじゃないですか「チームウェア」!出来たらブログにアップしてくださいね。やはりTシャツと長Tあたりですかねぇ〜。その後ゆっくり無線機などを検討すれば良いと思います!

<< Green Giant について OP・アスベスト Photo集 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE