モガデッシュ/ブラック・シーの戦闘!

a0044046_23433147.jpg

ま〜今更ながら「ブラックホーク・ダウン」ネタです♪
皆さん一度は映画をご覧になっていると思いますので、またまた原作本「強襲部隊/米最強スペシャル・フォースの戦闘記録」マーク・ボウディン著/早川書房に描かれている「映画とはココが違うネタ」にしま〜す!

まずはあらすじ...。
1993年10月3日、内戦の続くアフリカ・ソマリアの首都モガデッシュ。
海兵隊の引き上げた後の国連平和維持活動の早急な打開作戦をする為に編成した「タクスフォース・レンジャー」。
武装組織アイディド派の最高幹部を拉致する作戦が発動!99名の精鋭が1時間足らずで終了する戦闘に出撃する。しかしハイテク装備の「ブラックホーク・へり」が2機撃墜されたことから戦況は一変。生存者救出に向かったアメリカ精鋭部隊は数千の民兵に包囲されて孤立し、水や食料、弾薬の不足に苦しみながら一昼夜にわたる壮絶な銃撃戦を繰り広げる事に...。

1)タスクフォース・レンジャーの中にSEAL'Sも居た!
映画ではデルタとレンジャーとエアフォースしか出て来ないが、実は地上部隊の中にシールズがちゃんといるのです。人数は少ないが、まだSOCOM(特殊部隊統合軍)が創設後、本格始動する前段階で「全軍特殊部隊の混成による軍事行動」もパナマなどを経て、だいぶ確立出来て来た時期でもあった。政治的に「シールズも入れてやるか!」的、タスクフォースの考え方なので参加人数はもの凄く少ない。(原作登場は2名)

2)映画ではデルタ隊員フート軍曹のエピソードは、原作では複数の人物によるもの!
これは映画の登場人物の都合上、だいたい3名のデルタ隊員を1名に集約している。
この3名はノーム・フーテン一等軍曹、ポール・ハウ一等軍曹、マット・リアソン一等軍曹である。この前、SATマガジンに特集が組まれていた「ポール・ハウ軍曹」は今だバリバリの訓練教官をしていて、そのテクニックは各方面の関係者も一目置く存在になっている。ここで原作に登場する使用銃は「バレルをカスタマイズされたCAR-15」とだけ表記されている。「M733コマンドー」をやる時に色々調べた結果、最も有力なのは、M725/727アブダビカービン(1986年XM4の名で仮名称採用)のフラットトップバージョンだったかもしれないと推測される。(M4の試作が、この93年頃に出来ている為...)

3)デルタは本当に「ガバメント.45」を使っていたか?
映画の中での、中盤の見せ場!デルタ2名による墜落現場での死闘で大活躍の「素ガバ」。これも原作では何も記実は無く、色々な実際資料からの推測だが「ガバメント」の使用率はこの時期極めて少ないのでは?と
まず「M92F」採用後の9mmパラ弾の軍支給がある為に「ブローニングハイパワー」を非公式に採用していたようだ。これはある有名なカスタムガンスミスの記事の中でも、この時期に「匿名の軍人」からの「ハイパワーカスタム」を数十挺、製作しているのである。これがデルタの発注かどうかは判らないが...。ミスターKのコメントにも「長年デルタはハイパワーを使用していた」と報告を受けているし、何となく説得力のある話なので100%ではないにしろ、ある程度良い線をいっていると思う。

4)N・S・D・Q(ナイト・ストーカーズ・ドント・クイット!)
ブラックホーク・スーパー64を操縦していて撃墜されたマイク・デュラント准尉は、唯一の捕虜となり、開放までの11日間監禁生活を余儀なくされていた。この時一度だけ手紙を書く事を許される。最後に自分が生存している証として部隊のモットーの「N・S・D・Q」メッセージを書き記す。しかし仲介役の赤十字職員が暗号の文章と判断し消されてしまうが、数日後にラジオから流れたデュラント夫人の声明は「ナイトストーカーズは降伏しないわ!」とメッセージが伝わっていたのだった!

まだまだ色々、映画では語られていない部分が沢山あるので興味をお持ちの方は、是非原作本を読んでくださいね。また違った「ブラックホーク・ダウン」がそこにはありますよ♪
a0044046_1244233.jpg

※80年代後半、謎の人物から発注されたブローニング・ハイパワー○○ッ○カスタム...。
[PR]

  by mason4422 | 2006-04-07 01:21 | エンターテイメント | Comments(8)

Commented by hummer1213 at 2006-04-07 16:15
自分も原作を持ってて、何回も読んでいるんですが、やっぱり面白いですよね~。
映画では再現されていない所も書いてあるので、イイですよね。
ノンフィクションだし・・・。

そう言えば、ノーム・フーテン一等軍曹が食事の際に、マイク・スティール大尉に注意されるシーンが有りますが、あの時にノーム・フーテン一等軍曹が持っているのがM4A1カービンですよね(脱着式キャリングハンドルだったので)
戦闘シーンで使ってるのは、M723かM725あたり?(ステップドバレルじゃないので・・・よくわからん)

Commented by mason4422 at 2006-04-07 23:16
>hummerさん良く見てますね!(爆
 最初原作を読んだ時衝撃を受けました!これ映画化できるのか?
 と思いましたが、見事にしましたね。
 あの食事のシーンはフラットトップでしたね!劇中はM723タイ
 プ1B/725ですかね〜?(725はカナダバージョンC8の原型)
 M727アブダビも1986年に造られていますので、この可能性も
 よくマニアの間で話題になる「エイムポイント」を使用していた
 かですが、まだミリタリーモデルが無い時代に「コマーシャル」
 バージョンを使っているとは思えませんが...。
 真実はポール・ハウ軍曹に聞いてみたいですね〜♪
Commented by hana at 2006-04-09 20:59 x
ごぶさたでございます・・・。
「ブラックホーク・ダウン」・・・実話だからこそのエピソードですよね~。私も原作本持ってますが、ほんとよく映画化できたものです。まぁでも、あの原作に忠実な映画化をしようとすれば、どこかで妙な圧力がかかるんでしょうね~・・・。
Commented by mason4422 at 2006-04-11 00:32
>hanaさん、こちらこそご無沙汰しております!
 スゴいですね皆さん結構原作本読んでらっしゃるのは驚きです。
 近年これほどまで盛り上がった戦闘ドキュメンタリーは無い様な
 気がします。もう十年以上前の話なのに...。
 先日公開になった「ジャーヘッド」も「BHD」のヒットには、  
 程遠い様ですね。(一部熱狂的ファンが...)
 おっしゃる通り「ジャーナリズム」の側面から見ても、この様な  
 「真実」を映画化出来るのも非常に稀な事かもしれません。
Commented by ポール・ハウ信者 at 2013-03-10 17:39 x
初めまして、私もポール・ハウを尊敬する一人です♪
自分のBLOGにも載せましたが今度PanteaoProductionsがモガディシュの戦闘のドキュメンタリーDVD作るそうです。
今から楽しみでしょうがありませんね!
Commented by mason4422 at 2013-03-12 10:18
〉ポールハウ信者さん
お越し頂きありがとうございますm(_ _)m

BHDの伝説的人物ですから人気も高く、
今だ精力的に活動なさっていますからね!

ドキュメンタリーDVDは楽しみですね♫
多分買っちゃいますね!(笑)
Commented by 007rynv at 2015-11-11 03:29 x
Nsdq nightstalkers dont quit
ナイトストーカーズ ドント クイット
クワイットじゃありませんよ
Commented by mason4422 at 2015-12-01 09:13
>007rynvさん
 ご指摘ありがとうございます。
 修正しておきます。m(__)m

<< プランクトンズ・ドリームチーム! N井式短機関銃? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE