今回の戦闘で気がついた点...

a0044046_095147.jpg

ちょっと個人的な話題になってしまいますが...。

今回の特別なレギュにベテランはガスブロハンドガンのみ&携帯弾数150発としました。これにより私自身は勝手に「ガバ祭り」と題して4挺のガバメント系ブローバックを投入、内訳は「ハイキャパ5.1」「ハイキャパ4.3」「ハイキャパ5.1改/MEU」「マル秘ガバ」でした。

前回のIBF戦からセカンダリーに使用していた「4.3」が何か「5.1」と撃った感じのリコイル(反動)や低温時の作動状態に違和感を感じていました。
今回も前回より格段に気温が上がっているので「4.3」をメインにし「5.1」をセカンダリーの組み合わせで初戦に投入しました!が前回に感じた「違和感」はこの時も直らず、途中でメインとセカンダリーを入れ替えて闘う事に...。何戦かゲーム後に担当者に相談し、リターンスプリングの設定を変更してみる事に。何戦か実戦で撃ってみて先ほどよりは良くなったが「5.1」との感覚の差は埋まらず!う〜んこれほど同じ系統のガンで違うのは何か納得がいかない...。もちろんスライド長が5.1より短く、反動の負荷のかかり方も違うので「全く同じには出来ない」とそれも納得である!しかしこの差は何故か私に「違和感」を植え付けたままなのである。

「タ○コバ製ヘビーウェイトスライドの5.1」は少々たるいが何の問題も無く快調にブローバックする。帰還後、片付けしながらリターンスプリングを1巻き半づつカットして同一マガジンで「5.1」と比べてみる。そうするとスライドの引いた感じ、重くなって行く所も違うのに気付く!「こんな差があるのか!」あらためてビックリし、シロート技では対処出来ない事に今更気付いてしました!やはり専門家に相談するしかないでしょ〜ね!(N井担当者ヨロシクね!!

今回はゲーム内容よりもガンの事が気になって、マトモな戦闘していないので悪しからず♪
[PR]

  by mason4422 | 2006-05-07 00:02 | 銃ねた | Comments(4)

Commented by Kiark at 2006-05-08 18:12 x
masonさん
先日はお世話になりました。
私の方も、MP7を実戦投入しまして、MP7の室内戦における、あまりのハンドリングの良さにより、身体動作で戸惑いムーブがギクシャク。
使用武器により動作の選択をしなくてはと、痛感した一日でした。


Commented by mason4422 at 2006-05-08 23:07
>Klarkさん、こちらこそ賞品ありがとうございました!
 はははぁ〜そうですか。Klarkさんも重いM4に慣れ過ぎていたの
 ですね!(爆)
 でも感覚って恐ろしいですよね!慣れ親しんだモノを変えると、 
 こうも違和感を感じるなんて!(笑
 人間って適用能力も高い生物ですが、拒絶反応もなかなか克服出
 来ないものなのかもしれませんね。
 カタナなどもそんな感じなのですか?
Commented by Klark at 2006-05-08 23:48 x
masonさん
流石!ご慧眼。仰る通り!!実は、和のウェポンは長い物程、扱う技が単純です。薙刀&槍よりは剣が難しく、小太刀の扱いは太刀より難解、素手の武術は更に難易度高々です。
得物が短いと、空間を利用するテクと正確さの要求が、増える訳ですよ。
デルタやSASがハンドガンの修練に時間を費やすのが、何となく理解できます。
Commented by mason4422 at 2006-05-10 00:42
>Klarkさんなるほどです!特殊なオペレーターの方々の
 ハンドガン射撃映像などもかなりの撃ち込みをしているので
 それだけ練習時間をかけなければ上手くならないのでしょうね!
 今度IBFで本格的な練習会を開いて「タイムトライアル」など
 してみましょうか?昔、スワットコンペやタクティカルマスター
 ズによく出場していましたので、またやりたいです!

<< 検証結果! お疲れ様でした! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE