検証結果!

モノ造りとは、膨大なデータと色々な要素を考え決定される...。

先日書きました「ハイキャパ4.3」のリターンスプリングの件は本日早速「P.P.C.=
プランクトンズ・パフォーマンス・センター」のガスブロ開発班、通称「N井商店」に
検証を依頼しました!

結果、耐久性を考えるとリターンスプリングを弱くする方法はあまり得策では無いとの事。これはバファー効果を考えてのセッティングなので、スライド前部の破損率が高くなり破断に繋がるらしいのです。スプリングの数値はハイキャパ5.1で「線径0.65mm」4.3は「線径0.7mm」を使用し、4.3は5.1の約125%の換算をしているそうです。
5.1のスプリングをコンバートすると、セッティングは5.1寄りになりますがスライド長が短くなるので完全に5.1と同一にはなりません。
また長いストロークを圧縮する力と、短いストロークで圧縮する力では、最後退時には短い方がテンションが重くなっていくのです。
これが5.1との「違和感」の最大要因になるようです...。

この事から、取り合えず5.1用の「線径0.65mm」を使用し、200〜300発の実射テストを実施しスライド、フレームのフリクションロス解消後、さらに接触部の磨き込みを行ない「5.1に近い感じのスライドアクション」を実現したいと思います。

はたして「5.1」のアクションに近い「4.3」は実現出来るのでしょうか?
結果は相当先になりそうですが、追ってレポート致します♪
[PR]

  by mason4422 | 2006-05-09 00:18 | 銃ねた | Comments(2)

Commented by バネコン at 2006-05-20 17:56 x
いつも楽しく拝見してます。
4.3のフィーリング改善、期待しております。
5.1を愛用して2年、そろそろ4.3へ移行を
検討中です・・・
Commented by mason4422 at 2006-05-28 16:40
>バネコンさん、お初でございます!
 いろいろ試行錯誤しておりますが、問題は「撃ち味と耐久性」で
 す!メーカー側からすると「壊れては困る」のですが、使ってみ
 てレスポンスが快調でなければ納得いきません。難しい問題で
 が、私の結論は「耐久性は二の次!」の考えに傾いています。
 でも真夏の炎天下での使用を想定したセッティングも考慮に入れ
 たいので、結論はもう少しお待ちください〜♪
(本当は季節でセッティングを変えた方が良いような気がします)

<< 来週より出張でございます! 今回の戦闘で気がついた点... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE