投稿第一弾「室内決戦拳銃」の巻!

え〜復活第一弾としまして、投稿を頂いている記事を掲載して行きま〜す♪
第一弾はKAZの「ハイキャパ・カスタムネタ」です!
「今年のガバ戦争は熱い!」をモットーにガバネタ炸裂ですっ!(いつもだろっ

『室内決戦拳銃』by KAZ
■コンセプトはインドアでメインアームになるハンドガン。ベースに東京マルイ「ハ
イキャパ」を選択した理由はオールシーズン作動するダブルカラムマガジン仕様で使
い慣れたシンプルなメカニズムという点から。エアガンとしてトラブルが起こりにく
く、タフで信頼性が高いのも選択理由。
■カスタマイズ項目
・ハンドリング性能を悪化させないため全長は5.1インチ以内にし、なおかつアキュ
ラシーを安定させるためにライフリングバレルをフロントで支持するフリーダムアー
ト製アキュコンプシステムBをセレクト。
・スライドは軽量な純正4.3インチを使用することでブローバックスピードをアップ。
コバカップと併用することで初弾以降のレスポンスを早めた。
・グリッピング性能に優れたタニコバ製タクティカルグリップを装備。5.1用ビーバー
テールタイプグリップセフティは内部を加工しセフティ機能をキャンセル。マニュア
ルセフティは5.1用アンビタイプを採用。
・トリガーは純正のチープな作りが気に入らなかったのでストレートタイプに交換。
ハンマーもスタンダードな形状のラウンドタイプのブラックに変更。
■総評
この季節になると非常にスピーディーで安定したブローバックをしてくれる。構えた
ときのサイティングのし易さは流石ガバメント直系。現在気になるところは重心位置。
いたずらに重量増加せずに、もう少し前方に移動させたいのでメタルアウターバレル
の導入を検討中。デザインの良いモノがあればロングスライドストップとショートマ
ガジンキャッチの導入を考えている。
何よりも驚いたのは自分の趣向の変化。今までハンドガンと言えばメタルスライド化
やブラックベースにシルバーのアウターバレル、トリガー、ハンマーでアクセントを
付けていたのに、今回は完全にマット調。ODフレームまで導入し実戦に向けたコンセ
プトを形にしている。これらは全てmasonの影響と言わざるを得ない。ホルスターに
サファリランド6005を導入したのも彼の影響だ。よし、この軍事予算オーバーの責任
は彼にとってもらおう(笑)え?オマエにはポリシーが無いのかって?そこをつかれ
ると痛い…。

と、さすが「元祖ガバオタク」!何を隠そうモデルガンに興味を持った時に、KAZの方が「ガバ派」であった!(私はリボルバー派!)
ところが、今では私もすっかりガバ派だったりする...因みに初オートマチック・モデルガンは「MGC・SIG P220」これもKAZの影響だったりします♪
サファリは良いよね〜!ガバにはこれっきゃ無いのですが、最近胸のプレキャリに装着出来る「ブラックホーク・CQCホルスター」もメチャ注目です!(シングル・スタッグはこれでキマリよんっ)あと最近「ACU」と共に注目の新型「マルチカム」がほすぃ〜ス☆!
a0044046_0372856.jpg
a0044046_0374380.jpg
a0044046_0375692.jpg

[PR]

  by mason4422 | 2006-06-06 00:38 | 銃ねた | Comments(0)

<< BLACKHAWK CQC ... 自己解放! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE