「BBスポーツフィールド」注意事項!

a0044046_271075.jpg

9/9の「BBスポーツフィールド」は今までとは若干異なるレギュがありますので、
その辺を含めて、攻略方法のヒントなどを書きたいと思います。

1)待機所(セフティゾーン)の注意点。
テーブルの関係で銃を上に置くと、座っている人に銃口が向いてしまいます。
この為、セフティゾーン内では必ず「マガジンを外して、セフティをかけ、銃口
には保護キャップを付ける事」になります。
バトルゾーンとセフティゾーンの境に「残弾処理ボックス」が設けてありますので
銃に装填されている弾は全て抜き、マガジンをはずし、セフティをかけてください。

銃口の保護キャップは、外し忘れもありますので、十分注意してくださいね!
(私は現に二度ほど、初弾を保護キャップを付けたまま撃ちました!)
また貴重品の管理は徹底してください。(ロッカーがあります)

2)ゲームの回転率
1ゲームは10分間。インターバル5分です。通常の貸切りサバゲーと違い、
短時間でゲーム回数を多くするので覚悟してください!(爆
インターバルが少ないので、準備&弾薬補給は速やかに行ってください。

3)危険部分の注意点。
2階タワー、デッキ部分はアルミ製の強固な構造物になっています。
また2階床面が荒いメッシュを使用していますので、気をつけましょう!
階段も非常階段と同じ構造なので十分、気をつけてかけ昇ってください!(笑
私は階段で、見事に足を踏み外し強打しました。未だに右膝が痛みます!(自爆

4)服装について。
基本的に自由ですが、肌が露出しない「長袖、長ズボン」が基本です。
また首周りなどもバンダナを捲く等の対策をお願いします。(特に女性は!
  
もちろん上下、迷彩のBDU(戦闘服)も良いですが、初心者に対するライトなイメージを植え付けたいので「上は長袖Tシャツ、下は迷彩ズボン」など、タウンユースでも
OKな格好がベターですね!(強制じゃありませんよ!
3)のような事態にならない様「ニーパッド:膝当て」も装備してください。

5)心掛け。
フィールドのレギュが「0.8J・600発」なので、ロングレンジは良いのですが、
接近した場合は、顔面などを直接狙うのは避けて、装備の多い箇所や胴体部を
射撃するように心掛けてください。
ベテランは特に接近戦になった場合は「セカンダリー=ハンドガン」を抜いて
撃つなどの配慮をお願いします。(セカンダリーは持ちましょうね!

6)攻略方法。
あまり書いてしまうとつまらないので、ヒント的に書きます。
このフィールドのコンセプトは...
  
1)1Fと2Fの「3次元バトル」!
2)ライフルでも十分使える「30mロングレンジフィールド」と「広い空間」!
3) 変化激しい「デイライトとロゥライト」コンディションの闘い!の3点です。

比較的開けている様で、以外と射角が限られている難しい構造です。
ポイントマン(前衛)はハンドガンでも事足りますが、援護するセカンド(後衛)や
バックアップはカービンサイズから小型サブマシンガンの装備は必須です。
(15m以上の距離を僅かしか出ていない「顔、手、銃」を狙う精度が必要)
とにかく1F、2F両方の警戒が必要です!意外な所から銃撃を受けますよ!!

また600発あるからと「弾をばらまく」と後半のタワー付近の攻防が苦しくなります
ので、弾薬配分は十分に考えましょう!(牽制射撃はそこそこに!

「デイライトとロゥライト」の二つのシュチュエーションができますが、全く様相が、
変わってしまいます。暗い所では結構目立たない場所も、明るい照明下では目立ちます。(びっくりするぐらい不安になります!
途中で照明切替をするゲームもしますので、皆さん覚悟してください!(ムフフフ...

上記の事から「ロゥライト」に対応した装備が必要となります。
「プロサイト」などのドットサイトがあれば暗闇でもサイトが見えますし、
動くターゲットや素早いサイティングにあると非常に便利なアイテムです。
  
「暗所」に使用をすると有効的なアイテムに「ウェポン・ライト」があります。
「ライトが光る」と敵に発見され易いのでは?と思うでしょうが、最近の近接戦闘の
研究成果により「強い光を当てると人間は動けなくなる(反撃できない)」事が
医学的に実証されています。(レギュ:光量は65ルーメンまで
距離をおくとその効果が薄れるので、使うシュチュエーションを良く考えてください。

あと「暗所」で弾道視認性を向上させる「フルオート・トレーサー」があります。
これはストロボを内蔵した発光ユニットを銃口部に装着し、蓄光材入りBB弾を発射する事により
実銃のトレイサー=曳光弾のように、弾が光の尾を引いて飛んで行きます。
暗闇ではとても綺麗で弾道が視認できるのは良いのですが「諸刃の剣」で銃口部から
ストロボの発光が見えて、発射点がバレる欠点があります。
(しかしいきなり撃たれると超恐いですよ!

それぞれのアイテムを全部装着するのでは無く、各々のスタイルにあった戦型による
チョイスが望ましいです!(じっくり悩んでみてくださいね!
[PR]

  by mason4422 | 2006-09-02 02:05 | 活動内容 | Comments(0)

<< 緊急投稿!中距離戦闘用「MP7A1」 9/9エントリーメンバーです!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE