BBスポ−ツフィ−ルド攻略方法vol.2

a0044046_2335070.jpg

※この地図は2006/11月現在のものです。今は更に変わっています。

以前にも書きましたが、BBフィ−ルドを造るにあたってのコンセプトは...

1)電動ガン・フルサイズが思いっきり撃てる「ロングレンジ」のインドアフィ−ルド
2)多彩な攻撃が可能な「3次元バトル空間」
3)初心者に恐怖感を与えない「跳弾防止ウォール」
4)照明効果で色々なシュチューションガ楽しめる「可変式照明設備」
5)クリーンなピットルーム(セフティゾ−ン) 等です。

●オープン初日に参加された方々も、今回また参加して頂くので、
 その後フィールド内で改良された所は?...

1)階段内側の防護壁増設(昇り易くなりました!
2)2Fキャットウォーク上のバリケ大幅増設(進行できます!
3)進行ルートを増やした1Fバリケードを移動した「新レイアウト」
  (サイドラインからフライして敵陣背後に!
4)小さいバリケードのナンバリングシールの増設
  (L,Rの各ナンバリングと共に作戦指示が出し易い!)など

細かい部分ですが着実にバージョン・アップを行っています!
また新たな展開が楽しめると思いますので、存分に有効活用してください。

●そこで、色々な方々の闘い方を見て思った事ですが、これと言った「必勝方法」は
 ありません。相手のチームの力量もあるので、全てがあてはまらないのが
 インドア・ゲームの奥深い所です。(もっとも!
 しかしそれ言ってはお終いなので、数多く見たチームから「勝率アップ」条件を
 推測すると

1)チーム一丸の連携プレー。
2)守ってはダメ!攻撃しながら守っていく!
3)1Fと2Fの攻撃バランス。
4)声を出して情報伝達。 ですか 

1)は混成チームではやり難い事ですが、やはり誰かが率先してコミュニケーション
 を取り、チームとしての作戦、攻撃エリアや守備エリアの設定などが重要です。
 定石として、ポイントマン(前衛)、ミドル(中盤)、バック(後衛)の配分、
 ツ−マンセル(2人組)の徹底などが上げられます。
 あと「跳弾防止ウォール」だからといって全く跳弾してこない訳ではありません!
 背中が壁面に近いほど跳弾の餌食になり易いし、2Fデッキの下も、上のバリケード
 に当たり弾が頭上から降って来ますので要注意です!
 これを逆手に取ると、中央のバリケードに浅い角度で撃ち込むと見えない敵に
 銃撃を加える事も可能なのです!(フルトレの弾道修正が便利!

2)以前本職の方から「銃撃は1vs1より1vs多数で決まる!」と教えられました。
 守備だからといって後ろで撃たないのは「チーム火力の減少」になります。
 1つのターゲットに複数の銃口で対向する様に心掛けるとヒット率、生存率も良く
 なるはずです。(理論上はね
 バックアップは前衛を臨機応変の対応で、カバーしなくてはなりません。
 極論を言えば身体を密着させて「二人羽織り」の様に撃つのも有効です!
 (ホントにやるんですよ!

3)これが一番難しい課題です。以前2Fの人数を多くして攻撃しましたが、展開幅が
 限られているので、逆に各個撃破されてダメでした!
 2Fに優秀なスナイパーが2名居るだけで1Fのカバーが十分に出来ます。
 しかしホントに優秀じゃないとすぐにやられて、2Fキャットウォークを突破されて
 全滅します!(実話=3

4)これは重要です。スタッフとしてお客さんのゲームを見ていると、見知らぬ方々で
 チームを組んでいるのに「L2左ひとりー!」「了解!」など声で伝達している
 チームは大体勝利しています。無線を使うほどの距離では無いし、見えない閉鎖
 空間でもないですから、特に前衛に出る人は積極的に声を出してください。
 敵に対しても「居場所がバレてる!」とプレッシャーが掛かりますし、友軍のバック
 アップもその地点に火力を集中出来ると思います!

と色々書きましたが、普通にやっては結果も普通です!奇を衒った攻撃をすれば、違う
結果が得られるかもしれません、皆さん勇気を出して色々試してみてくださいね!
私も幾つか変な戦法を考えているので楽しみにしていてくださいぁ〜♪
[PR]

  by mason4422 | 2006-12-13 23:32 | 活動内容 | Comments(0)

<< 明日は宜しくお願いします♪ 組み分けで〜す♪ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE