大規模市街地戦闘の検証!

今回の市街地戦闘は今まで試したり試行錯誤をしていた事を結果として出せたと
思います。
いつもはゲーム進行の合間で参加していたので、数ゲームの参加が関の山でしたが、
戦闘指揮の事を考えずに、自分&チームで行動出来た事が良かった様です。

それにしても遠距離狙撃の銃器選択の割には、市街地エリアで1m超えのスコープ付き[M14/CHカスタム]でのCQBも難なくこなせていたのが自分としてもビックリでした!
午後はこの事を念頭に[M14/SOCOMスカウト]も積極的に投入し、スカウトマウントに搭載されている大口径ドットサイト、タスコ製[プロポイント]に慣れながら市街地戦闘を堪能し、また別な意味でのM14の魅力を再認識したのが印象的でした。
銃も頼れる存在と言うか「この銃なら負けない!」的イメージか確立出来ると大変頼もしいものです。これと同じに、一緒に闘うメンバーも「信頼の於ける人達」と組んで前進する時は、まさに「鬼に金棒」状態で負ける気が全然しません!

チーム分けで今回ずっと一緒だったサイレントN井と行動を共にする事が多く、2マンセルで行動している時も、私が狙撃に集中し、スコープで視野が狭く周りを見れていない状況でも、後方から「左の2つめの窓に敵!」などの情報が、N井から逐一もたらせるので、何度も助かりました!
また見知らぬ方々共、自然と連携し、相手が前進するときは牽制弾をたっぷり発射し、自分が前進するときは的確に援護してくれたのが、非常に嬉しく、また必ず勝利に導いてくれていました!

「サバゲーは一人では出来ない遊び!」
この事を痛感しこんなに満足感が得られたゲームもここ近年で珍しい一日となりました!

ま〜分析はこの辺で以前書いていたハンドガンのスタンスについて解説しておきましょう〜!
本来、ハンドガンを撃つときは「真っ直ぐ前に腕を突き出して自然に構える」のが基本です。以前シューターの方々に色々教えをうけて、右を真っ直ぐ左を曲げる80年代コンバットシューティング方式「ウィーバースタンス」から、両手を同じ長さに突き出して「肘でロック」する「アイソセレス(二等辺三角形)スタンス」に変えてきました。
しかしこの所、インドアの狭い空間であまり腕を突き出すやり方が、上手く行かないのでは?と疑問を持ち始めていました。その理由としてコーナーから銃を狙う動きがのろくなり、被弾率が高い様に思われたからです。ここで考えたのは「スタンスにあまりこだわる必要無し!」との結論でした!
あらゆる角度から敵に対して正確に弾が届けばそれで良いのです。その為には「アイソセレスでもウィーバーでも」どっちでもありなんだな〜と考えを改めました♪(当り前?遠回りする人間なんです=3
写真を観て貰うと良く判りますので、合わせて御覧下さい〜♪(長物編はまた後日〜!
a0044046_2365939.jpg

※デジカメ・ガンカメラ搭載で動画を記録するアパレル・S藤
a0044046_2371653.jpg

※お試しで「M14/SOCOMスカウト」を使用するくたしゃん
a0044046_2373513.jpg

※PMCな二人!最近は野外でもこのスタイル!
a0044046_2375721.jpg

※これがアイソセレス・スタンス!肘ロックの角度は個人差があります。
a0044046_2381452.jpg

※極端なウィーバースタンス!この方が楽な場合があります
a0044046_2382946.jpg

※これがモデファィドプローン!実戦でやるには根性が〜♪(体が硬い・・・
a0044046_2314741.jpg

※ポイントは銃を傾けない事!生ガスが出たりホップ弾道が変わるので
a0044046_2385960.jpg

※最近のテクニックの中でも「シュアファイヤーテクニック」も色々あります
a0044046_2391351.jpg

※くたしゃんも独特の構え方をします
a0044046_2393546.jpg

※最小限度の露出度で室内を撃ちます。カッティングパイでの索敵技術が試されます
a0044046_2310748.jpg

※インドアでもアウトドアでもバリケプローンは重要で難しデス!
a0044046_23102376.jpg

※バランスを崩さずスタンディングからシッティングに移行する必殺[Y字開脚(爆)]
a0044046_23103939.jpg

※ブラックホークダウンでもやっていた「右持ち左撃ち」マジでやると腰がいきます!
a0044046_23111014.jpg

※ツーマンセルの突入ポジション。二人のタイミングが重要!
a0044046_23113237.jpg

※くたしゃんのSIG SG550シリーズコレクション!今ではかなり貴重な品々!!
[PR]

  by mason4422 | 2007-02-12 23:15 | 活動内容 | Comments(6)

Commented by くた at 2007-02-12 23:32 x
先日はお疲れ様でした(=^ω^=)ノシ

スコープの件なんですが 自分も最初はスコープを搭載してましたが
視野の関係から すぐにアイアンサイト又はドットサイトに切り替えました
自分 ウロウロしていることが多いので なるべく視野を確保することに重点を置きました。
スコープ+マイクロドットを搭載するのが理想なのかなぁ~ ヤッパリ
今回はシグシリーズをすべて使って楽しめました♪
やっぱり SIGは良いですなぁ=3
Commented by mason4422 at 2007-02-13 00:22
>くたしゃん、お疲れ様でした〜!
 いつもながらの現地輸送運転感謝でアリマス〜(敬礼!

 たしかにスコープ装備の場合は「スナイパーライン」の確保や敵
 の進行ルートでかなり変わるので、危険がつきものですね〜!
 視力が良い人はドットでも問題無いと思いますが、私みたく裸眼
 でギリギリの視力だとスコープは弾道確認に於いても有効です。
 「スナイパーには必ずスポッター」を随伴する事を心掛けましょう!
Commented by 消えない虹 at 2007-02-13 23:45 x
masonさんお疲れ様でしたヽ(*’-^*)。
それにしてもこのフィールド楽しそうですねぇ♪
レポートも見ていてとても楽しさが伝わってきましたよ(^-^*)
Commented by mason4422 at 2007-02-15 00:22
>消えない虹さん、こんばんは!
 なかなかこのフィールド面白いでしたよ〜!
 でも既に6月まで予約いっぱいだそうです=3(残念っ
 BBSFに来ている常連さんにも好評の様ですし、早くプランクト
 ンズでの開催を目指して頑張りマスっ!
 その時は是非ご参加くださ〜い♪
Commented by I崎 at 2007-02-15 15:05 x
このフィールド、随分気に入られたようですね。
しかし、ここでセミオートだけで戦ったって・・・凄いっすね!?
実は私もココではM14を使いました。←当然フル
416が早々に壊れてて途方に暮れていたら、隣の
名も知らない方がM14を1日中貸してくれました。(感謝
「M14は長いし、重いよ!」
なんて事は口が裂けても言えませんでした。(おぃ
まあ、バリケードから頭と銃だけ出しる敵を狙撃!
ってな状況ではよく当たるので重宝しました。
が、My M14改のゲーム投入はマスマス遠のいた気
がする、今日この頃です・・・(苦笑

フィールドについては、地面がほぼフラットなので、
もう少し地面の起伏があった方が立体的な交戦が
できて面白いと思いました。
まあ、その平坦な地面のお陰で、翌日の下半身の筋肉痛はマシでしたが・・・(ジジィ
Commented by mason4422 at 2007-02-16 01:18
>ぶっちょI崎さん、すごく気に入りましたよん♪
 セミオートで出来たのも「ノーマルマグ」オンリーだったせいも
 ありますね!(相手がフルでもアウトレンジから
 M14はだんだん慣れて来ますよ=3(痩せ我慢!
 今週は体のアチコチがその代償をタップリと払う事に
 なっていますが・・・(特に左肩!整体行かないとダメ・・・
 ぶっちょさんのM416だって相当重いじゃないですかっ!!(爆
 おっしゃるとおりこのフィールドは、2Fの狙撃ポイントが出来
 れば最高なんですがね〜今後の拡張に期待してみましょう〜♪

<< 記事200回記念は? スッゲ〜楽しかったデスっ♪ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE