SEAL Recon Rifle~ (英語の勉強)

a0044046_10492252.jpg

※Wonderful 16 inches barrel ...!

SEAL Recon Rifle
From Wikipedia, the free encyclopedia

Built in house by SEAL Team armorers, and later by the Naval Surface Warfare Center, Crane Division (often referred to as NSWC-Crane or just Crane), these rifles were developed to provide SEAL snipers with a portable, lightweight system that had greater lethality over a standard M4-type AR-15/M16 pattern carbine. When greater production of these weapons was turned over to the personnel at Crane, there is some confusion as to exactly what happened, but Army money and ideas (from the Special Purpose Receiver project) got funnelled into the process. The SEAL teams were apparently disappointed with the performance of the resulting Mk 12 Special Purpose Rifle (SPR), and have apparently now convinced the managers at Crane to return to center as it were. Production of 'Recon Rifles' on the original pattern is progressing now according to some sources.[citation needed]


Specifications

These weapons were initially built in house with the only real specifications being the ability to shoot any 5.56 x 45 mm cartridge in inventory (at the time this did include the first iterations of the 77 grain (5 g) Mk 262 Mod 0 5.56 x 45 mm cartridge), and that the weapon have a 16 in (406 mm) long barrel.

The barrel blanks are made by Lilja Precision and then chambered by Compass Lake. They have a 1:8 in (203 mm) twist and are stainless steel. They have a unique heavy barrel profile, starting with 0.980 in (25 mm) in diameter for the first 2.60 in (66 mm) of length, then narrowing down to 0.850 (22 mm) in diameter, 0.750 in (19 mm) in diameter underneath the front sight block, and 0.725 in (18 mm) in diameter to the muzzle. The barrels have the Knight's Armament Company - KAC QD (Quick Detach) flash hider, allowing the mounting of KAC's QD sound suppressor. A carbine-length gas system is used. These barrels were mated to flat top upper receivers, and retained the fixed front sight/gas block assembly, which would seem to imply that the original iterations were probably just rebarreled M4/A1 type carbines in SEAL inventory.

Beyond this, exact specifications vary. Since they were built in house, they seem to have been accessorized to personal preferences, with fixed (A1 and A2 styles) and retractable butt-stocks. (Original 4-point and improved 6-point Colt stocks, and the Crane/SOCOM/LMT stock are all in use.) Recon rifles built by Crane are reportedly all fitted with a free-float handguard system, the most popular being the Knight's Armament Co. M4 Match RAS and the LaRue free-float handguards in the longer lengths (which protect the barrel and provide more area to mount tactical accessories). Some operators reportedly use various back-up iron sights (BUISs) by Knight's, ARMS Inc, and Troy Industries, while others do not. The range of optics used on Recon rifles is wide, with various models by Trijicon (like ACOG TA01, TA31F), Leupold (TS-30A1, TS-30A2), and NightForce in use.

Given the secretive nature of the end-users, first-hand information and data on Recon rifles--more accurately called "Recce rifles" (rhymes with "Becky") by operators based on the British SAS's terminology--is quite rare. How much these specifications have changed with regards to Crane's 'production' weapons is unknown.


SEALレコンライフル
Wikipedia(無料の百科事典)から

SEALチーム兵器製造者によって、そして後でNaval Surface Warfare Center(クレーン(NSWC-クレーンセンター))によって造られて、これらのライフルは、SEALスナイパーに標準的なM4-タイプAR-15/M16パターンカービン銃より大きな致死性を持った、移動できる、軽量システムを提供するために開発されました。
これらの武器のより大きな製造がクレーンで人員まで回されたとき、若干の混乱あり、正確に何があったかについて判りません。しかし、軍金と考え(Special Purpose Receiverプロジェクト)は、プロセスに送られました。SEALチームは明らかに結果として生じるMk 12 Special Purpose Rifle(SPR)のパフォーマンスで失望して、それがそうだったので、明らかに今はクレーンのマネージャーにセンターに戻ることを説得しました。最初のパターンに関する『レコンライフルs』の生産は、若干の源によって現在進歩しています。[必要とされる表彰状]

仕様

これらの武器はまず最初に唯一の本当の仕様で目録(これが77グレイン(5g)Mk 262 Mod 0の最初の時で、5.56は45mmのカートリッジに×印を付けます)でどんな5.56×45mmのカートリッジでも撃つ能力であることを、その他、武器は長いバレル16inch(406mm)を持ちます。

バレル・ブランクはLilja Precisionによって作られて、それからCompass湖によって作られます。
彼らはユニークなヘビーバレルプロフィールがあります。それは1:8(203mm)ねじれを持っているステンレス鋼です。そして長さの中で最初の2.60(66mm)のために直径で0.980(25mm)から始めます。そして、それから銃口に直径0.850(22mm)、直径表のサイトブロックの下に中で0.750(19mm)と中で0.725(18mm)まで狭くなります。バレルには、ナイツArmament社があります - KAC QD(速いDetach)フラッシュハイダーは、KACのQD音抑制器を取り付けることを出来ます。またカービン銃までの長さのガスシステムが使われます。これらのバレルはフラットトップ上部レシーバーに結合されて、固定前部サイト/ガスブロックアセンブリを保持しました。そして、それは最初の繰り返しが多分ちょうどSEAL目録のrebarreledされたM4/A1タイプカービン銃であっただろうことを意味するようです。

これを越えて、正確な仕様は変化します。彼らがビルトイン家であったので、固定で(A1とA2スタイル)格納式の銃床で、彼らは個人の選択にアクセサリーをつけられたようです。(オリジナルの4-ポイントとコルトストック、そして、クレーン/SOCOM/LMTが改良型6-ポイントストックは、すべて使えます。)
クレーンによって造られるレコンライフルのすべては、伝えられるところではフリーフロートhandguardシステムを付けています、最も人気がある「ナイツArmament社 M4 Match RAS」と「ラルー社フリーフロートhandguards」であり、より長い長さ(それはバレルを保護して、戦術的なアクセサリーを取り付けるために、より多くの展開地域を提供します)。他がそうしない間、一部のオペレーターは伝えられるところではナイツのもの、ARMS IncとトロイIndustriesによっていろいろなバックアップ鉄の光景(BUISs)を使います。使用中のTrijicon(ACOG TA01(TA31F)のように)、リューポルト(TS-30A1、TS-30A2)とNightForceによるいろいろなモデルで、Reconライフルの上で使われる光学の範囲は広いです。

エンドユーザー、直接の情報とReconライフルに関するデータの秘密主義の自然があれば−より多くが、英国SASの用語に基づくオペレーターによって「ライフルを調査する」(「ベッキー」と一緒の韻?)ことを正確に叫びました−全く珍しいです。これらの仕様が、クレーンの『生産』武器に関して、いくらかかったかは、知られていません。

※1時間格闘してここまで・・・翻訳ソフトのいい加減さに頭くる!!
 誰か英語出来る方、読める様に直してください・・・(はぁ〜疲れた〜
[PR]

  by mason4422 | 2008-03-29 01:07 | 銃ねた | Comments(4)

Commented by Viola at 2008-03-29 01:16 x
callが叫ぶになってる…
とても私には理解不能な英文です…
Commented by mason4422 at 2008-03-29 01:24
>Violaさん@たすけてぇ〜・・・ばたっ
>とても私には理解不能な英文です…
 もしや英文としてもダメダメなのですか???それすら判りません・・・。(泣
 仕事柄、良く読める文章にと格闘するのですが、増々意味がヘンになって
 ど〜でもよくなってしまいます・・・。(だめだろそれじゃ〜!
 直訳も反対から並べりゃ良いってもんでもないでしょ!(直すの大変=3
Commented by Viola at 2008-03-29 02:37 x
スンません
私の英語力が低すぎて意味が分からないということです…
Commented by mason4422 at 2008-04-01 00:02
>Violaさん@いえいえ右同じくでございます〜!
 もっと学生時代にたっぷり勉強しておけば、こげなことにならずに・・・
 米本土に行くと早いは、なまりあるはで、何言ってかさっぱりです・・・
 しかもこちらは、単語並べの文法無視〜!これじゃ意思疎通ができましぇん

<< マルチカム試着レポ♪ Gun ネタ ティーブレイク〜! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE