<   2005年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

インバの森 第一章 激闘編

当日の朝、くたしゃんの愛車セプターに途中YOKOTAをピックアップし、
朝6時前に私の自宅に到着、定刻どうりに出発する...。
この日は気温も高く、気持ち良い朝の高速を疾走し、千葉県印旛郡に向かう。
途中のPAで休憩&朝食を取り、かずみっちと合流してフィールドへ到着。予定時刻より早いが、既に十数名が用意を始めている。
エ○ゴヤさんのスタッフは、その日泊まりだったらしく事務所から出て来たシェンは眠そうな顔をしていた。
メンバーも集まり準備開始、受付の登録を済ませて弾速チェックを受けに行く。そして本日の参加総数は、なっなんと140名〜〜!ビックバトルの予感である!

チーム編成発表後に、第1ゲームのスタート時間がアナウンスされる!
我がプランクトンズはイエローチーム。そして対戦相手は、古参兵が多そうなレッドチーム。フィールドの対角線奥のCエリアからスタート。各自フィールドを歩き回り、地形を確認する。そしてスタート1分前!
事前編成のとうりに、K森分隊を右、S藤分隊を左に配置、何故か先頭にYOKOTAと居る私...。「5秒前、4.3.2.1.スタート!」中央の見張り小屋、目がけてダッシュする。
フィールドが以外と狭いのか、はたまた我がチームの展開が遅いのか、こちらが停止する前に、雨あられの銃弾が!!
私は「M14/クレイジーホースカスタム」のスコープに人影を捉えて、セミオートで連射する!しかし横移動をしている敵に対して、リードを取りながらのセミオートは辛い!セレクターをフルに切り替えて掃射!
しかし敵はブッシュやバリケードに取り付き、銃撃を一層強めてくる!
私のいる、見張り小屋の側面に大量の銃撃が放たれ、兆弾であえなくヒット!
開始2分に「プランクトンズ・シックス」は戦死した...。(あ〜情けない...。

とぼとぼとセーフティーに帰りながら、嫌な予感がした「いつもと何か違う...」
我々はインドア戦に精通しすぎて、屋外のフィールドで距離感の違いから突っ込み過ぎる傾向にあるが、今回は違った。我々の展開速度が1テンポ遅いのに、敵を目視するまでそんなに時間は掛からなかった。「以外とフィールドが狭いのか?」やはり歩くだけでは、接敵距離がわからなかったのだ。
そして続々と帰ってくるイエローチーム...。皆の意見を総合しても、距離感の違いを感じていた様だった。
そして弾数無制限戦の火力!我々のゲームは必ず「300発」の携帯弾数で行われており、1ゲームに何千発も撃つ様な事を全く考えていなかった!
「これは久々の火力戦...」そしてゲームの結果は惨敗...。レッドチームのフラッグゲットで終了した。
何時に無く嫌なムード漂うプランクトンズ...皆は次のゲームの準備を始めるが、手に手に大量の連射マガジンと弾を装備に突っ込んでる!
それを見ている私は、スナイパーの意地を貫く為、ノーマルマグのみで闘う決意をした。が〜次のゲームでその意地は消し飛び、予備の連射マガジンを持ち出すとは...。続く

で明日は第2章の「憤慨(フンガイ)編」をお送り致します。なんとなく読める展開...。
a0044046_23513349.jpga0044046_23515832.jpg
左:コッキングガバでカッコつけるYOKOTA。右:早速かずみっちをナンパする不良ハワイ人シェン!
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-30 00:02 | 活動内容 | Comments(7)

インバの森 プロローグ...

a0044046_043162.jpg

ここは千葉県印旛郡の森の中、サバゲーフィールド「Union」がある。
と書きたいとこですが、本日はすっかり遅くなってしまい、書く気力がありません
明日はアップ出来ると思いますのでご了承ください。(今日は写真でごまかします♪

尚、今回のカメラマンをして頂いた、くたしゃんとYOKOTAに感謝すると共に、
4つのブッキングを蹴って、サバゲーしに来てくれた「かずみっちこと三上和美」さん
にも心よりお礼を申し上げます。
また、今回の写真は来月のコンバット☆マガジンで詳細のレポートが入ります。
この為、写真の無断転用を禁止すると共に、使用に関しての許諾は要ご相談となりますので予めご了承ください。宜しくお願い致します。
a0044046_0563278.jpga0044046_0564819.jpg
左:朝到着後、着替えを済ませてスタンバイ中、かずみっちは朝食のカップラーメンお湯待ち♪右:今回のウェポン類の一部、色々持って来たねぇ〜
a0044046_0593197.jpga0044046_143283.jpg
左:「チェーンソー・I川」氏のM4カスタムを構える!実物リフレックスサイトは見易い!右:やっと完成形に近づいた「クレイジーホース」今回の戦果は?!
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-29 01:01 | 活動内容 | Comments(2)

いや〜お疲れ様でした!

a0044046_2303963.jpga0044046_2305536.jpg
※左:ユニオン戦スタート前 右:美味しいカレー食って一眠りのオイリー島崎♪

ユニオン戦、お疲れ様でした!
天気も良く・ケガも無く、無事終了して良かったス!

ま〜色々ありましたが、これも経験ですから...。でも楽しく終われて良かったです!
明日、詳しいレポートアップします。

はたしてプランクトンズ・メンバーの活躍は如何にっ♪お楽しみに〜♥
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-28 00:13 | 活動内容 | Comments(6)

明日はガンバルぞ!パンツァーフぉ〜〜〜♪

まだ半分しか準備してません!(また遅っ!

仕事から帰ってくるのが遅く、メシ食って、TV見てたらこんな時間!(見ているなっ
ブログ書いてるばやいじゃあ〜りませんか!

くたしゃんは迎えに来てくれるので、早々にご就寝されております。(普通です。
明日の気温は18℃で絶好のサバゲ日和になりそうです!

ウェポンもどうにか間に合って、後は明日アンブッシュ中に寝なければ良しっ!(?
皆さん道中お気を付けてお越し下さいませ〜♪

「明日は、大量GETだぜぃ〜??」(ポケモン風♥

a0044046_23531735.jpg
海兵隊名スナイパー、ペケット軍曹!
まさかシリーズ化されるなんてぇ〜(驚
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-27 00:01 | 活動内容 | Comments(2)

レギュレーション!

今日は、今週のユニオン戦のレギュレーションを今一度ご確認ください!

開催日:2005年11月27日 日曜日 午前9時受付開始 午前10時開会
    ※なお、入場受付は9時から銃の初速計測と合わせて行います。
開催地:サバイバルゲームフィールド・「UNION」
    住所・千葉県印旛郡印旛村2479北側付近
    ゲームフィールドの詳細・アクセス方法に関しては「UNION」様
    ホームページをご参考ください。

参加費:お一人様3,300円(フィールド使用料込)+昼食付4,000円(昼食の
    用意をご希望される方のみ)
当日、希望される方のみ「UNION」様から昼食のご用意をして頂く予定となっております。昼食の用意をご希望される方は、 当日の申し込みは出来ません。フィールド付近には車で行ける範囲にコンビニも御座いますが、駐車場の都合でゲーム中外に出る事は難しいのでフィールドで昼食の用意を希望されない場合は、予め昼食をご用意頂けますようお願い致します。

締切り日以降の参加、もしくは昼食キャンセルの場合、お支払いいただいた参加費・食費のご返金は出来ませんので、御了承ください。

参加キャンセルについて:
参加キャンセルの締め切りも、お申込締切と同様となります。フィールド確保の関係上、締め切り後のキャンセルの場合参加費のご返金が出来ません。雨天等により、大会中止となった場合は参加費をご返金いたしますが、材料準備の関係上、昼食代700円はご返金できません。申し訳ございませんが、ご了承下さい。お振込みでのご返金希望の場合、お振込み手数料はお客様ご負担となります。ご了承下さい。
   
参加資格:
20歳以上でルールを守れる方。フィールドまでご自分でご来場になれる方。
フィールドへは、車・オートバイ等の交通手段もしくは『京成本線 酒々井駅』よりタクシーでご来場になることが可能です。(タクシーの運転手さんには『サバイバルゲームのフィールド』もしくは『UNION』で伝わるそうです)。当店では送迎を行いませんので、御注意ください。

募集人数:100名
フィールド駐車場は、乗用車で30台(ワゴン系でもOK)までの収容となります。なるべくお電車にてご来場下さい。また、お車でのご来場の際は、1台に付き最低3名さま以上での乗合わせでお願いいたします。

開催日当日、雨天の場合:
雨天の場合は、中止させていただきます。中止、もしくは決行に関しては、11月26日夜の段階で決定します。お電話でのお問い合わせは、ECHIGOYA東京店営業時間内(夜10時まで)にお願いいたします。また、それ以降はECHIGOYA東京店HP上でも掲示いたします。なお、雨天よる開催順延に関しては現在未定です。

注意事項:
フィールドにはロッカー等貴重品保管場所が御座いません。貴重品に関しては各自管理を徹底してください。

ゲームに関してはECHIGOYA BATTLE@関東レギュレーション・ルール
に従って実施されます。以下のレギュレーション・ルールを必ずご確認ください。 

------------------------------------------------------------------------

BATTLE@関東 ルール・レギュレーション
以下は、今回のゲームに関するルール、制限事項、及び注意事項です。
ゲーム参加をご希望される場合、必ず内容を確認し十分ご理解頂いた上でご参加申込頂けますようお願い致します。 過去、何人かレギュレーションに違反された方がいらっしゃいました。レギュレーションは皆様に安全にゲームを楽しんで頂く為に設けられているものですので既に参加のご経験がある方も必ずお読み頂き、お守り頂けますようお願いいたします。
 
1.パワー制限:
A:電動ガン・ガスハンドガン・ガスフルオート等0.2gBB弾(マルイ製)使用で
  初速100m/s以下(1J以下)
B:エアコッキングスナイパーライフル0.2gBB弾(マルイ製)使用で
  初速110m/s以下(1.2J以下)
C;8?BB弾モデル0.34gBB弾使用で初速70m/s以下

※初速の計測について:
5回の計測で1回でも制限値を超えた場合は、再計測。再計測の際は、列最後尾に並びなおしていただきます。再計測でも制限値を超えた場合、その銃はゲームでご使用頂けません。御了承ください。環境の違いにより、初速はある程度前後いたします。
ご自宅で計測された時は大丈夫でも、参加前の初速計測時に規定値を超えてしまう可能性もございますのでカスタムされる場合は10m/s程度余裕を持たせておくことをお勧めいたします 計測の際は当店が用意したBB弾及びマガジンを使用し、HOPゼロ調整の状態でスタッフが実施します。計測開始は、午前9時から開始。出来るだけ早めにご確認頂けますよう、お願い致します。
*万が一超えた場合に備えて、マルイ減速アダプターを若干数ご用意いたします。
お名前、お電話番号を控えさせて頂いた後、貸し出しさせて頂きます。
なお、貸し出し、持込にかかわらず、減速アダプターをご使用になる場合はシールさせて頂きます。計測後外されているのが判明した場合、以降のゲームへの参加をお断りさせて頂きます。

2.BB弾の制限:
初速計測では当店で用意したマルイ0.2gBB弾を使用します。
ゲームの際はフィールド保護の為、必ずバイオBB弾(マルイ生分解BB弾・エクセルバイオ弾・エスツーエスエコロジー弾)をご使用ください。なお、セミバイオ弾(石粉弾)の使用は出来ません。
※当日、現地にてBB弾・ガス等を販売する予定ですが、数量に限りがございます。
出来るだけ事前のご用意をお願いします。

3.ゴーグル使用の厳守:
顔全面を完全に覆うフルフェイスタイプのゴーグル使用をお願いします。
目の周囲を覆うだけのゴーグルを使用される場合、必ず厚手のバンダナやフェイスガー
ドで露出部分を覆うようにしてください。
鼻・口が露出した状態でのフィールド内立ち入りは厳禁となっております。また、いわゆるシューティンググラスでのゲーム参加は出来ません。必ず規格対応のゴーグルをご用意ください。

4.服装・装備品の制限:
服装は上下とも汚れても構わないもので、肌を露出させない物であれば、特に制限はありません。靴はトレッキングシューズ・ジャングルブーツのような足首まで保護するものをお勧めします。ゲーム中使用するマーカーは当店で用意したもののみ使用できます。レーザーサイトは、国内規制基準を満たすもの以外使用出来ません。
モススラッグ(単発スチロール弾頭)の使用は厳禁です。その他、殺傷能力のある武器や装備品は使用及び装着出来ません。ダミーナイフの装備も厳禁となります。

ガス使用銃の内、外部パワーソースの物、過度に圧力の高いガス(グリーンガスなど)
は使用厳禁です。

5.ヒットコール、ヒット後の行動について:
プレイヤーの全身、装備品、銃すべて有効範囲とし、射弾・跳弾に関わらずBB弾が当った場合は“ヒット”となります。
BB弾が当った場合は大きな声で必ず“ヒット”と叫び、速やかにフィールドから退場してください。“ヒット”のコール以外は無効となります。
退場時は、両手を挙げて銃を掲げてください。退場後のフィールド再入場は厳禁です。
また、ゲーム中に被弾しなくても“ヒット”と発声した場合、そのプレイヤーは“ヒッ
ト”の扱いになります。トラブル防止の為にも、ゲーム中相手に当てたからといって“ヒット”と言わないように十分注意してください。

6.ナイフアタックについて:
トラブル防止の為、ナイフアタック及び身体・装備による接触・攻撃は一切禁止とし
ます。万一ぶつかってしまった場合は、両者“ヒット”の扱いとなりフィールドから退場となりますので御注意ください。

7.フリーズコールの扱いについて:
「フリーズコール」ゲーム中相手に完全に気づかれずにその至近距離まで接近した場合のみ、接近したプレイヤーは「フリーズ」をコールする事で相手を“ヒット”したと見なすルール。フリーズコールに関しては、プレイヤー各自の判断による物とします。常識の範疇で判断してください。

8.フィールド内外での行動について:
ゲーム中、決められたフィールド外からゲーム参加者が射撃した場合、そのプレイヤー
は“ヒット”の扱いとなります。ゲーム中、ゲーム参加者以外のフィールド外での射撃は一切禁止します。射撃時以外は、必ず使用している銃の安全装置をかけてください。暴発事故は、如何なる理由においても起こした方の責任となります。
喫煙に関してスペースが決められております。決められた場所以外での喫煙は、一切禁止となります。フィールド内は禁煙、火気厳禁です。

9.トラブル発生時の対応について:
ゲーム中の負傷者発生やその他のトラブル発生時に、スタッフがゲームを中止させる
場合があります。その際、ゲーム参加者の行動、及びゲームの扱いに関しては、スタッフの指示に従ってください。その他、上記禁止事項やスタッフの指示に従わない場合、スタッフの判断で以後のゲーム参加をご遠慮いただく場合があります。
フィールドには救急箱程度の用意は御座いますが、スタッフに専門の医療知識・技術
者はおりません。また最寄の病院まで1時間程度かかる場所ですので、負傷には十分御注意ください。万が一、怪我等の事故やトラブルが発生した場合、その責任に関しては全て事故当事者に帰するものとします。フィールド及びECHIGOYAスタッフは、負傷・トラブルに関する一切の責任・保障を負いかねます。プレイヤーは、節度とルールを守り、安全に留意して行動してください。
なお、上記のレギュレーション、ルールに関しては今後改訂される事がありますので、
ご留意ください。

以上をご了承の上、ご参加ください。          E*HIGOYA東京店
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-26 00:01 | 活動内容 | Comments(0)

昔は良かったネタ Vol.1(又はおっさんネタ)

a0044046_23415584.jpg

このエアーガン、皆さん知ってますか?たまたまヤフオクで見つけて懐かしんでいました!この「ミニットマン10」は私の中学時代のメインウェポンでした。
カートリッジにテルテル坊主弾を装填し、1発づつ手動コッキングでピストンを圧縮する。この後BB弾に以降することにより「ケースレス方式」が主流となる。

この頃サバゲーカスタムガンの老舗、関西の「サカエヤ」のニンジャカスタムのコンプリート「ミニットマン10」を所持していた。
カスタム項目は「6mmBB弾仕様カート」「6mmスチールバレル」「ハイパースプリング」「ステンレスSPガイド」「カートキャッチャー」と豪華な内容だった。(価格も...。

この銃はポンプアクションで結構素早く、連射出来て「SS9ボルトアクション」が一発撃つ間に3発撃てる「3倍返し」銃として君臨していた?!
しかし装弾数がたったの10発なのであっというまにマガジンチェ〜ンジをしなくてはいけないのだが、当時マガジンを買うにも店頭ではまず置いて無く、直接メーカーに現金書留(古)を送り、取り寄せなくてはならなかった!(カートリッジはサカエヤから大量購入!)
その後、メーカーが「ミニットマン20」を発表し、20連ロングマガジンが発売となってしまう!(ショっクぅ...

ヤフオクのスタート価格が¥2,000ーでひじょ〜に安く、欲しいのだが買ってもな〜使いみち無いし...。
ま〜今度コッキング・カートリッジ戦でも、やりたいなぁ〜!(皆持ってないかぁ〜
と昔を懐かしんでいましたとさ。

PS:キム・ペ・M田が、海外メーカーのGB-TECHより「クレイジーホース」用のボルテックスハイダー&サプレッサーが発売中との情報が寄せられました!(ガ〜ン☆ほすぃ〜〜
a0044046_2343214.jpg

[PR]

  by mason4422 | 2005-11-25 00:01 | 銃ねた | Comments(14)

ユニオン待たずして次戦のご案内!

ブログ開設してから1ヶ月とちょっと経ちましたが、1,000Hitを越えた事をご報告します。この場をお借りして、見て頂いた皆様にお礼を申し上げると共にコメントもどんどんください!

本題です。怒濤の2週連続のサバゲーです!しかしこのチャンスは見逃せませんよ♪

●佐野タ○ティクス/インドア&アウトドアサバイバルゲーム
●日時:12月3日(土)am9:00〜pm夕方(ゲームスタート am10:00頃)
●場所:東北道・佐野藤岡インター下りて5分
●主催:某ゲームメーカーチーム「G.G.」さんからのお誘い
●レギュレーション:約0.8〜0.9J:85〜90m/s 0.2gBB弾使用
●メンバー:募集人数、小人数限定です。
●参加費用:お一人様¥3,500
●〆切り:直前までOKですが、人数把握の為、お早めにご一報ください!
●お申し込み&ご質問:mmh-s@t2.ocv.ne.jp または mason4422@docomo.ne.jp

このフィールドは色々な戦闘が楽しめる数少ないフィールドです。
もの凄く面白いので、行った事が無い人は是非ご参加くださ〜い。

佐野タ○ティクスHP
http://members.ld.infoseek.co.jp/sano_tactics/tactics.html

a0044046_2020451.jpg
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-24 00:05 | 活動内容 | Comments(4)

電動M14クレイジーホース Ver.1

a0044046_23313163.jpga0044046_2331445.jpg

予告どうりに現在の制作段階を公開しま〜す!
まず「クレイジーホース」の特徴と言える「アッドオン・サプレッサー」とボルテックスハイダー(銃身先端の減反動器)がある。この実物「フィッシャー・エンタープライズ製ミルスペックサウンドサプレッサー」はどこもモデルアップしておらず、トリガーハッピー製の「シュア・ファイヤー/サプレッサー・タンカラー」を装着。ボルテックスハイダーは、SIG552のダックビルハイダーをコンバートし、その後部にはワンタッチガイドを装着。それでサプレッサーが瞬時に着脱OK!

フロントサイトはPDI製のレプリカパーツ。ハリスバイポッドを装着し、マウント、スコープ、リングもマルイ純正パーツを使用し、バトラーキャップを装着。
スコープの高さがミドルマウントである為、ポジションが安定しないのでチークピースは欲しい所。(後付けのブラックホーク製3カラーデザートタイプ?

当初、3カラーデザート迷彩塗装にするつもりが、塗料素材を間違えて大失敗!(爆
取り合えずノーマルODカラーを急遽装着ですが、後日実物シンサティックストック(茶色)風のストック(チェッカリング無しですが)を入手したので、当日までには付け変えるつもりです!(入手経路は秘密♪)
塗装は次回チャレンジ!(むずかし〜よ〜泣)バレルヒートカバーも茶色くすれば完璧!

内部パーツは一切改造せずに、ドノーマルです。しかし20mの集弾性は5cmにまとまり、30m以上でもヘッドショットは決められる予感がします!
ノーマル70発マガジンにODカラーのマグプル装着×3=210発セミオート使用であれば充分と思うので、装備も腰回りのみのシンプルなモノにします。

27日当日に完成体「クレージーホース」をお見せ出来ると思います。
(高額パーツは来年度予算で審議中!

後はウデだけ、戦果にもご期待あれ!(途中で、重くて使わなくなったりして...自爆!
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-23 00:23 | 銃ねた | Comments(2)

クレイジーホース カスタム!

最近のアメリカ軍は「先祖返り的モデル」が持てはやされている!
ガバメント.45系もそうだが、以前にも述べた様に「M16/M4」の5.56mm.223カートリッジの威力不足に伴う、旧スタンダード口径7.62mm.308カートリッジの必要性の再認識である。

一刻を争う事態にU.S.SOCOM(アメリカ特殊部隊統合軍)は昨年より、新型SCARプログラムトライアルの完了を待たず、昨年2004年より独自に7.62mm口径のライフルを調達し始めたのだ。そのライフルとは、過去1980年代より「U.S.ライフルM14」をモデファイし続けている、スミス・エンタープライズ社の「CRAZY HORSE SEMIAUTOMATIC SNIPER SYSTEM」に白羽の矢が立った!

このライフルは1,000挺納品され、アフガン/イラクに展開している特殊部隊員に手渡されていることだろう...。
とま〜昨今のアメリカ軍は各軍独自に必要な物を、少数ずつ採用していく傾向にある。
これは過去の「全軍全数配備」をすると「使えないモノを使い続けなければならない」事が無く、改良するなり、新型を新たに配備することも可能になるのである。

「イラク・スナイパー」の研究に余念のないMasonはある結論に達したのだ!!
この「クレイジーホース・カスタム」こそ、理想の7.62mmスナイパーライフルだぁ〜(かなり変態的思い込みが入ってますが...)

ここで、本題の「電動ガン改造レシピ」に入りたいが異常に長くなるので、また明日にします〜(すみませ〜ん引っ張りま〜す♪)
a0044046_23351333.jpga0044046_23353228.jpg
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-22 00:05 | 銃ねた | Comments(2)

ユニオンフィールドの分析

a0044046_23491512.jpg

a0044046_23494026.jpga0044046_23501790.jpg
ユニオンのホームページを見ていると、開けている部分とブッシュ(竹やぶ)が密集している部分がある。これは部隊がどこに居るかでかなり違った動きになる事間違えなしだ!
過去の経験から、開けた場所での部隊の連携は取り易いが、ブッシュの濃い部分の戦闘は、分隊単位の動きを強いられて全体の連携は取りにくくなる...。
う〜ん、どっちみち2つのシュチエーションを、闘ってみてみないと解らない訳だし、部隊も全員一緒の編成になるか解らない...。
「臨機応変」で行くしか無いので、各自の判断に任せます!(用兵思想は個人差あるから。

とにかく、来週にオモシロい記事が書ける事を祈って、本日は寝ます!(明日仕事だし
[PR]

  by mason4422 | 2005-11-21 00:03 | 活動内容 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE