<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

5.11フィギュア!

品質管理課のN嶋さんは大の「ロイヤルロビン5.11」シリーズの大ファン!
そんなN嶋さんが先日「こんなのヤフオクで買っちゃった!」と見せてくれた5.11の12インチフィギュア!!なかなか細かい部分や素材感も再現されている逸品♪
なかなか日本上陸にならなかったので存在をスッカリ忘れていましたが、見せてもらって、さらに値段聞いてビックリ!いくらヤフオクとはいえ¥2,980は安すぎます。しかも即決なので即買いました〜♪(色々買ってますねぇ〜☆

過去12インチの兵隊さんフィギュアは、集めるほどいかないのだが、ちょこちょこ買い集めていて、既に10体くらいに...ベトナムから現代モダン・ソルジャーもあるが、最近本人1/1サイズでもお気に入りのPMC関連は、フィギュアも各社出ているのだが、やたらに高かったりとイマイチ触手が動かなかった。しか〜し「ロイロビ」の純正フィギュアとなれば、黙って居られませんゾ!(爆
自分とそっくりな装備とウェポンを再現してみたいと思いますが、1/1で既に手一杯状態です!
a0044046_0292037.jpg

a0044046_03009.jpg

※素体はドラゴン社のシームレスかな?詳しい方教えてっ!
[PR]

  by mason4422 | 2006-06-22 00:31 | Comments(4)

なんか思い出した...。習志野の戦闘!

昨日のワールドカップ・サッカーを見ていて辛かったですね!
前半の先制点でジャパン・ブルーは歓喜に沸き立ちましたが、後半立て続けの連打で
苦戦を強いられ、敗退...。
何かこれと同じ思いを抱いた事が過去にあったような...そうだ忘れもしないあの戦闘!

数年前「プランクトンズ」が初制式ネーミングされた時に行なわれた6チームで競われるインドアトーナメント!
まだインドアフィールドがそんなに無い頃で、千葉県習志野にあった「オフィス・ムーン」で開催された大会に参加した...。インドアのテクニックなど無い時代、M92Fガスブローバックがやっと出来た時期でもあり、とにかく今考えると遠い昔...。

我々のメンバーは、当時まだ○イに在籍していたトップシューターのI井健夫氏、業界人でもあるベテラン・シューターC葉氏、制作課サイレント・N井、同じく制作課のI井しゃちょー、私と共に人生もサバゲーも闘い続けているKAZ、それに私の6名。
かなりの古参メンバーが勢揃いで「勝っちゃうよー」と意気込み十分、ヤル気満々で乗り込んだのだ!

初戦を難なく勝ち、楽勝ムードが漂っていたが、第2戦がドロー、第3戦が負けと完全に後がなくなり、それまで軽口を叩きまくっていたのに、言葉数が少なくなりイヤなムードに...。そこでI井健夫氏が「はぁ〜なんかさぁ〜俺たちホントは弱いよね...」「はははぁ〜弱肉強食の世界では一番下かもね...」「プランクトンとかわんねぇ〜なぁ〜」「いっそチーム名をプランクトンズに...」「それいいねぇ〜チーム名無いし、それで行こうよっ!」斯くして逆境の果てに誕生した「プランクトンズ」であった。

その後どうにか1勝して、順位は3位に...面目は保たれたが、後味が非常に悪かった!
とにかく力の差、連携、個人技、スピードと優勝チームに足下も及ばない状況だった。
この事がキッカケになりチームとしての強さと楽しさをとことん追求していく姿勢で今までサバゲーに取り組んで来た!(つもり
ここまで活動の幅を広げて、対外戦を数多くこなして、プランクトンズも大きくなれましたし、これも一重に皆様の協力と愛情が多かったからこそココまで来れました!

新しいインドアフィールドのオープンも近い事ですし、ここいらで更なるバージョンアップをしたい所です。
皆さんもう一発やりますよ〜?!&頑張りましょ〜!(ジャパン・ブルー勝てよ〜♪
a0044046_12212531.jpg

[PR]

  by mason4422 | 2006-06-14 00:15 | 活動内容 | Comments(5)

BLACKHAWK CQC SERPA ホルスター!

次期制式採用セカンダリーを見据えた「ガバメント」用ホルスターをまたまた購入!
このブログで予告すると必ず買って来てしまうのは何故でしょう?それは購入をほとんど決めているからです!(じゃ予告するな!

このブラックホークホルスターのメリットは増設プレートを使用すればプレキャリに装着できることです。金曜日の会社帰りにN井氏と赤羽に急行!即購入決定です。
増設プレートはブラックしかなかったので、又次回に...。

ハイキャパはトリガーガードを丸くすれば入りそうです。タニオ・コバ/グリップは難なく入りましたので!一番上の写真は新型で、スライド後部まで被うデザインになっています。たしかに胸に装着した場合はホルスターに入れた銃が、スリングやライフルストック等が引っかかりそうな気がします。
(種類は、ガバメント系、シグP220/226、M92F系、グロック17/22などあります)

a0044046_09147.jpg
a0044046_0122029.jpg
※写真提供:東京ファントム
[PR]

  by mason4422 | 2006-06-11 00:04 | ミリねた | Comments(8)

投稿第一弾「室内決戦拳銃」の巻!

え〜復活第一弾としまして、投稿を頂いている記事を掲載して行きま〜す♪
第一弾はKAZの「ハイキャパ・カスタムネタ」です!
「今年のガバ戦争は熱い!」をモットーにガバネタ炸裂ですっ!(いつもだろっ

『室内決戦拳銃』by KAZ
■コンセプトはインドアでメインアームになるハンドガン。ベースに東京マルイ「ハ
イキャパ」を選択した理由はオールシーズン作動するダブルカラムマガジン仕様で使
い慣れたシンプルなメカニズムという点から。エアガンとしてトラブルが起こりにく
く、タフで信頼性が高いのも選択理由。
■カスタマイズ項目
・ハンドリング性能を悪化させないため全長は5.1インチ以内にし、なおかつアキュ
ラシーを安定させるためにライフリングバレルをフロントで支持するフリーダムアー
ト製アキュコンプシステムBをセレクト。
・スライドは軽量な純正4.3インチを使用することでブローバックスピードをアップ。
コバカップと併用することで初弾以降のレスポンスを早めた。
・グリッピング性能に優れたタニコバ製タクティカルグリップを装備。5.1用ビーバー
テールタイプグリップセフティは内部を加工しセフティ機能をキャンセル。マニュア
ルセフティは5.1用アンビタイプを採用。
・トリガーは純正のチープな作りが気に入らなかったのでストレートタイプに交換。
ハンマーもスタンダードな形状のラウンドタイプのブラックに変更。
■総評
この季節になると非常にスピーディーで安定したブローバックをしてくれる。構えた
ときのサイティングのし易さは流石ガバメント直系。現在気になるところは重心位置。
いたずらに重量増加せずに、もう少し前方に移動させたいのでメタルアウターバレル
の導入を検討中。デザインの良いモノがあればロングスライドストップとショートマ
ガジンキャッチの導入を考えている。
何よりも驚いたのは自分の趣向の変化。今までハンドガンと言えばメタルスライド化
やブラックベースにシルバーのアウターバレル、トリガー、ハンマーでアクセントを
付けていたのに、今回は完全にマット調。ODフレームまで導入し実戦に向けたコンセ
プトを形にしている。これらは全てmasonの影響と言わざるを得ない。ホルスターに
サファリランド6005を導入したのも彼の影響だ。よし、この軍事予算オーバーの責任
は彼にとってもらおう(笑)え?オマエにはポリシーが無いのかって?そこをつかれ
ると痛い…。

と、さすが「元祖ガバオタク」!何を隠そうモデルガンに興味を持った時に、KAZの方が「ガバ派」であった!(私はリボルバー派!)
ところが、今では私もすっかりガバ派だったりする...因みに初オートマチック・モデルガンは「MGC・SIG P220」これもKAZの影響だったりします♪
サファリは良いよね〜!ガバにはこれっきゃ無いのですが、最近胸のプレキャリに装着出来る「ブラックホーク・CQCホルスター」もメチャ注目です!(シングル・スタッグはこれでキマリよんっ)あと最近「ACU」と共に注目の新型「マルチカム」がほすぃ〜ス☆!
a0044046_0372856.jpg
a0044046_0374380.jpg
a0044046_0375692.jpg

[PR]

  by mason4422 | 2006-06-06 00:38 | 銃ねた | Comments(0)

自己解放!

梅雨晴れの一時、皆さまお元気でしょうか?小生はくたくたでございます!(爆)
見本市終了後の激務に続き、何かシックリ来ない感じがして、ブログ更新がめちゃくちゃ滞り捲っております!以前はこんな事はなかったのですが、モチベーションが上がらずに悶々と格闘している毎日でございます。
これを打開するにはどうしたら良いのでしょう?山に篭る事をしようかと真剣に考えている自分はなんなんでしょう(笑)
自己の解放と現状の打開を模索するには、今しばらくの時間とリスペクトが必要であります!歳取るのは嫌ですね~(自滅)
[PR]

  by mason4422 | 2006-06-03 00:26 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE